ポケットWiFiとは

ポケットWiFiとは

このようにブロードバンド回線のように高速で通信ができるWiFiですが、そのエリアがスポット的なものであることから、利用範囲が限られるということもデメリットの一つかもしれません。
その様な問題を解消するために生まれたのがポケットWiFiです。

外出先でも無線LANでインターネットができるポケットWiFiとして2009年に日本でスタートしました。
ポケットWiFiは、光回線やADSL回線などのブロードバンド回線を使用せず、携帯電話の電波を利用して行うのが特徴となっています。
このポケットWiFiを実施するには、ポケットWiFi専用のルーターが必要となります。そのルーターは「Pocket WiFi」と呼ばれ、名前の通りとても小さく、名刺大サイズとなっており、携帯用に持ち運びも便利となっています。
このPocket WiFiが、携帯電話基地局からの無線を受信して、WiFi(無線LAN)を発信します。このPocket WiFiが発信したWiFiをスマホやパソコン、タブレット端末などのWiFi対応機器が受信してインターネットができるようになる仕組みになっています。
ポケットWiFiの最大の特徴は、携帯電話のエリア内であれば、どこでもWiFiでの高速インターネットができることです。この小さな機器でできるので大変便利なサービスとなっています。

このPocket WiFiはイーモバイルという携帯電話会社が提供しており、このイーモバイルとこの電波を利用してソフトバンクモバイルも提供しています。
これを利用するには、回線契約が必要となります。端末は数種類あり、今では注目のLTEに対応した高速で楽しめるタイプも発売されています。このLTEはエリア内であれば下り最大で75Mbpsとなり、ブロードバンドと変わらない速度でストレスのないインターネットが楽しめます。光回線の速度が100Mbpsなので、ポケットWiFiも外出先でも高速インターネットができる時代に突入しています。
 

    Copyright(C) WiFi徹底比較 All Rights Reserved.