WiFiのデメリットは

WiFiのデメリットは

このWiFiは家庭や事務所などに留まらず、今では色んな場所でWiFiが楽しめるようになりました。
これはWiFiスポットといって、主に人が集まるところを中心にWiFiの電波を飛ばして、その対応機器でWiFiを利用できるようにしたサービスなんです。

スタートした当初は主要なJR駅、空港などの公共交通機関の設備でしたが、今では多くの施設で使えるようになりました。
主なその施設を紹介してみると、

・駅、待合室、駅周辺
・道の駅、高速サービスエリア・パーキングエリア
・空港、空港ラウンジ
・公共施設
・新幹線などの車両やバス
・駐車場、ガソリンスタンド
・カフェ、レストラン
・ファーストフード店
・ホテル、旅館
・大学や専門学校など
・ショッピングセンター
・飲食店
...などなど、新しいルートも含め、多くの施設やお店で利用できるようになりました。
最近ではお店などの入口付近に「WiFiご利用できます」などのステッカーが掲示してところが増えていますね。

このWiFiスポットはスマホやipad、ノートPCなどのWiFi対応機器による高速通信によるインターネットを楽しめるよう更なる拡大に取り組んでいます。また、このほか携帯電話会社が3G回線によるインターネット接続の混雑(インターネットはパケット通信の量が増大し、メールなどが遅延する恐れがあるため)を回避する目的でもその拡大が進んでいます。

    Copyright(C) WiFi徹底比較 All Rights Reserved.